中国歴代王朝の版図

中国の領土は、過去の歴史をたどると、どのように拡大・縮小してきたのでしょう。

チベットは昔から中国の領土だったのか?
満州、ウイグルはどうだったのでしょうか?


YouTubeにおもしろい動画があったのでご紹介します。




これを見ると、元は、モンゴルやその北のシベリア地方はもちろん、チベット、ウイグル、満州と現在のロシア沿海州までをも含む大帝国だったことがわかります。
それを除くと、中国は、漢~唐~明と一貫して、モンゴルとチベットは領有していません。

清王朝になってから、18世紀に、モンゴル、チベット、ウイグル、満州、沿海州と、元王朝に匹敵するくらいまで領土を広げました。
しかしその後、19世紀にロシアの勢力拡大に押され、現在の中華人民共和国の領土まで縮小することになりました。

それでも、今の中国は、漢、唐、明といった歴代王朝に比べ、広大な地域を領有していると言えます。

中国駐在、加油!



中国人の個人主義についてのコラムは、こちら

中国人の姓の話についてのコラムは、こちら

中国歴代王朝の版図についてのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~