紅包っていくら包めばいいの?

中国では、ご祝儀のことを「紅包」いいます。
文字通り赤い紙でお金を包みます。



「喜」の文字を2つ重ねたこの文字は双喜と呼ばれ、中国では結婚式によく使われるデザインです。

さて、紅包の相場が気になるところですが、、、
日本では「割り切れる」数である偶数は嫌われるので、奇数の金額にするのが常識ですよね。

でも中国では全く逆なんですね~
中国では偶数が好まれるんです。


なぜかというと、

中国では、“2”は「好事成双」(良いことはセットで訪れる)、“6”は「六六順」(物事が順調に進む)、“8”は「発」に音が近いことから「発財」(財を成す)の意味を示し、すべて縁起が良い数字です。
ただし、“4”は「死」と同じ音なので、この数字は中国でもNGです。


なので、結婚式での紅包の金額は、200元、600元、800元という金額の中から、相手との関係も考慮して、仲の良い友人には少し多めに包むというのが一般的のようです。

ちなみに、年末に上司が部下にちょっとした紅包を渡す場合がありますが、これも200元、600元、800元という金額の中から選ぶといいです。
Tomoも忘年会で部下に紅包を600元ずつ渡しましたが、喜ばれましたよ。
是非スマートに紅包を渡してくださいね。


あと、お年玉としてあげるのも紅包です。
一般的には、社会人になれば子供たちに紅包をあげます。
あげる金額は相手によって異なりますが、ここでも大切なのは偶数にするということです。

自分の子供には200元、他の子供には20元ってところでしょう。

以上、中国駐在員が気を付けるべきポイントをご紹介しました。



中国人が喜ぶ日本のおみやげ~お菓子編のコラムは、こちら

中国駐在が忌み嫌われる理由についてのコラムは、こちら

「面子」の起源についてのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~