メタリック塗装の難しさ

メタリック塗装って、意外とやっかいなんですね。

まず、測色計で正しく測れません。

メタリックは、見る角度によって色が変わって見えます。
塗面を正面で見る時、正反射(斜め45°)の角度で見る時、すかし(斜め15°)の角度で見る時で、明るく見えたり、暗く見えたりします。

例えば、見本と比べた時に、正反射で色が合うように見えても、正面で見ると違うように見えたりします。
ですから、見た目の受ける印象と、実際の色差の数値が乖離してしまうんですね。
色差はあくまでも参考値扱いです。


また、これはメタリックに限らずソリッドカラーでもそうなのですが、光源によっても見た目に大きな差が出ます。
光源が蛍光灯なのか、白熱電球なのか、太陽光なのか。
太陽光でも、日なたなのか、日陰なのか、南向きの窓から採光するのか、北向きの窓なのか、それによって変わってきます。

ですから、特にメタリックの色を確認する時は、見本と塗料メーカーが作った塗板サンプルを、同じ光の条件、同じ角度で見て判断して下さいね。

そして色の修正を依頼する時は、できれば塗料メーカーの担当者と直接会って、具体的に色補正の希望を伝えることをお勧めします。
電話やメールで希望を伝えようとしても、相手が正しく解釈してくれるとは限りませんから。



光沢度についてのコラムは、こちら

測色計で色を測定してみようのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~