中国語アレルギーをなくそう

中国語って、実は難しい言葉じゃないんです。
でも、なんでみんな中国語アレルギーがあるかというと、中学高校で身についた英語アレルギーが原因だと思うんです。

発音が違う、文法が違う、スピードについていけない・・・


でも、中国語は、英語に比べて断然簡単な言葉なんです。

まず、文法のルールがとても少ないです。語順はSVOというふうに英語と似ていますが、代名詞の格変化や、三単現のs、完了形のhaveといった、ややこしい約束事はまったくありません。

そして、日本人に圧倒的に有利なのが、漢字をすでに知っている、ということです。
Tomoも留学中に欧米人と一緒に勉強しましたが、彼らは漢字を必死で覚えてましたね。
大人が、まるで小学生みたいに、必死に漢字書き取りをやっているのを、かわいらしいなと思って見てました。

ですから、中国語の書・読・話・聴のうち、中国語の書・読に関しては、日本人はほとんど勉強しなくてもいいくらい、上級レベルにあるわけです。
漢字はほとんどわかる上に、日本語と中国語では、半分以上の単語が共通しています。
ですから中国語の文章を読んでも、だいたいの趣旨はわかるので苦労しません。

中国駐在員の方も、中国出張者の方も、ぜひ一念発起して中国語を勉強してみてくださいね。



周杰倫についてのコラムは、こちら

iPhoneで中国語入力する方法、キーボードの設定方法は、こちら

中国人が喜ぶ日本のおみやげ~お菓子編のコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~