中国の名経営者3:王健林

日本と同じように、中国にも名経営者がいます。

日本では戦後から高度成長期にかけて、松下幸之助や本田宗一郎といった伝説的な経営者がいました。
しかし近年では、彼らほどのスケール感を持った経営者は、ほとんどいないと言っていいと思います。

しかし中国では、経済開放から40年もたっておらず、一代で巨大な企業を作り上げた創業者達が、いまだに現役で活躍しています。
中中国駐在員の方にぜひ覚えて頂きたい、中国の伝説的な起業家、名経営者を紹介していきたいと思います。


▼爆買いの王様「王健林」

日本ではイオン、ららぽーとといった大規模なショッピングモールが人気ですが、中国でも同じように大きなショッピングモールが大人気です。
中国にもイオンはありますが、店舗数でも人気の面でも上回っているのが「万達広場」です。

万達広場の他に、ホテル、サッカー、映画なども手掛ける爆買いの王様が、大連万達集団のトップである「王健林」です。
彼の経歴、経営にまつわるエピソードについてご紹介します。


王健林は、父が抗日戦争も戦った共産党の軍人だった影響もあり、若くして軍に入隊します。
が、1986年の兵員削減の時に除隊を決心し、大連市の第三セクターの住宅開発会社のトップに就任し、再開発地区の高層マンションの建設を推進します。
折からの不動産ブームの到来も手伝い、王健林の手がけた事業は成功します。

そんな中、国有企業改革の波が押し寄せ、王健林の住宅開発会社も民間企業へ改組することになりました。
これにより、大連万達集団が誕生します。

王健林は大連市を飛び出し、貪欲に事業を拡大していきます。
2000年からショッピングモール「万達広場」の開発をスタートします。

長春市に1号店をオープンし、その後順調に成長を続け、2017年には170もの店舗を展開しています。
イオンモールは日本・アジア合わせ約150店舗ですので、どれだけ巨大な事業か規模感がわかると思います。


王健林は、サッカーにも力を入れています。
1993年、大連のサッカークラブとスポンサー契約を交わし、翌年から始まった中国プロリーグに大連万達クラブとして参戦します。
1996年、97年とリーグ優勝を果たし、強豪クラブとして確固たる地位を築きます。

2015年には、スペインリーグのクラブチーム、アントレティコ・マドリーの株式を20%取得するなど、海外にも積極的に進出しています。


王健林は、続けて映画産業にも事業展開を図ります。
万達広場の展開と同時に、独自の映画館チェーンを展開していましたが、2009年には、制作・配給を手掛ける万達影視を設立しました。

2012年には、世界第2位の映画館チェーンであるAMCを26億ドルで買収、2016年には欧州最大の映画館チェーンであるオデオン&UCIシネマズを買収し、世界最大の映画館チェーンの座に登り詰めました。

そして2013年には、映画製作基地、テーマパークなどの複合施設である、青島東方影都をオープンさせます。
豊富な資金力を生かし、この施設でのハリウッド映画の製作も進めています。

2016年1月には、ハリウッドの制作スタジオ、レジェンダリー・ピクチャーズを買収し、業界の川上から川下まで押さえる巨大映画企業へと成長しました。
(高口康太:現代中国経営者列伝より)


これだけにはとどまらず、大連万達は様々なレジャー施設事業も手掛けています。
文化旅行城と呼ばれる遊園地に加え、スキー場、映画テーマパークやリゾート施設を中国各地に建設しています。

王健林は、2016年にオープンした上海ディズニーランドに、対抗意識丸出しで挑んでいます。
大きな資金力を背景に、王健林が今度は何を買って何を仕掛けてくるのか、楽しみです。


王健林の手がける事業はどれも、中国国内の消費拡大の時流に乗って大きく成長してきました。
中国でのビジネスというと、世界の工場という側面ばかりがクローズアップされがちですが、巨大な市場としての中国を見た場合、庶民の購買力の成長は見逃せません。

そして、王健林が中国の各地に提供する、ショッピングモール、遊園地、テーマパーク、リゾート施設などはどれも、庶民に娯楽を与え、消費文化を喚起する役割を果たしています。
中国の産業構造が、今後製造業からサービス業へシフトしていく中で、王健林が手掛ける事業は、大きな役割を果たしていくことでしょう。

これからも王健林から目が離せません。



中国の名経営者1:張瑞敏

中国の名経営者2:馬雲

良品計画の財務分析についてのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~