信玄と謙信と信長が戦えばだれが勝つ?

Youtubeで面白い動画を見つけたのでご紹介しますね。
戦国武将好きにはたまらないお話しだと思います。


孫子の盲点 信玄はなぜ敗れたか


「信玄と謙信と信長が戦えばだれが勝つ?」
空想するだけでわくわくするテーマですよね。

このテーマで歴史研究家の海上さんが語っています。


まず、3人の特徴について次のように語ります。

武田信玄=孫子・・・戦略家
上杉謙信=呉子・・・戦術家
織田信長=マキャベリ・・・革命家


海上さんは、「信長は軍事能力が高くない」とぶった切ります。
信長は革命家であり商人だから、戦略・戦術家の信玄、謙信には絶対に負ける。

「信玄は信長の5倍強い、そして謙信は信玄の2倍強い」
のだそうです。


「信長は兵農分離したから農閑期でも戦争できた」という歴史的通説については、
戦国時代は、次男坊や三男坊といった農村余剰人口で戦っていたので、信長以外も農閑期に戦っていた
と通説をひっくり返しますし、

「信長は鉄砲を量産して軍事力で圧倒することができた」という通説についても、
戦国当時の鉄砲は城の防御にだけ威力を発揮する限定的な武器であり、信長の天下を決定づけるものではなかった。
長篠の戦いは、信玄が生きていれば雨の日まで待って攻め込んで勝っていた。
とバッサリです。

語り口が痛快で話にどんどん引き込まれてしまいます。
でも信長ファンからは反感を買いそう。。


ちなみに、海上さんは謙信びいきで、謙信は世界史上最強の武将と豪語します。
謙信は生涯の戦いで勝率100%、しかも相手が信玄や北条氏康。
謙信の異常な強さを物語るエピソードを、次から次へと語ってくれます。

とても面白かったので、一度見てみて下さいね。

中国駐在、加油!



ローマ人の物語2(戦場のカエサル)についてのコラムは、こちら

中国四千年の歴史の嘘~黄河文明の成り立ちについてのコラムは、こちら

西郷どんの言葉~成果主義への批判についてのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~