中国輸入ビジネスは儲かるのか?

この前日本にいる友人から「中国ってルアーって安く買えるの?」って聞かれました。
話を聞いてみると、この友人は最近釣りにはまっているみたいで、ルアーが中国産なのを知って、中国輸入ビジネスが出来るんじゃないかって思ったらしいです。


最近流行ってますよね~、中国輸入ビジネス。
「中国語がわからない僕でも、淘宝(タオバオ)やアリババで個人輸入できちゃいます」とか、
「AmazonのFBAを利用して梱包・出荷を自動化してるんで手間はかかりません。」とか、
「月100万円売り上げて、利益率は30%です。」とか。

ちょっと面白いかなと思っていろいろググってみたんですが、最近あまりにも有名になってしまって、ここ1年くらいで中国輸入ビジネスの新規参入が増えてしまい、ものすごいレッドオーシャンになってしまっているとのこと。
まぁ誰でもできますからね。
単純な転売では、値段の下げ合いになってしまうから生き残れないでしょうね。


なので、友人にはちょっと仕事が忙しいから。。と丁重にお断りしました。
Tomoはルアーを作っている会社に塗料を納入してたりするんですけどねw


私たちはせっかく中国に住んで仕事してるんですから、どうせビジネスするんならひと工夫したいですよね。

逆転の発想で中国人に売るビジネスってのはどうでしょう。
いろいろ考えてみたんで次回お話ししますね。

中国駐在、加油!



中国のスポーツブランド~安踏・李寧・特歩についてのコラムは、こちら

ハリルジャパンと西野ジャパンについてのコラムは、こちら

金正恩とトランプのそっくりさんについてのコラムは、こちら



☞ メルマガ登録
こちらをクリック(登録フォームに進みます)

~中国の文化や中国でのモノづくり、組織でのコミュニケーション
 といったテーマで情報発信しています。
 登録解除は、配信メールの一番下の案内からいつでも行って頂けます。
 気軽に登録して読んでみてくださいね。~